音楽葬に対して親族からの反対があった時には

音楽葬に対して親族からの反対があった時には

音楽葬を行う旨記しておくとよいですよ。

音楽葬を希望される方の中には、家族だけで葬儀を行ってほしいと希望される方もいます。

家族だけで音楽葬を行えば、形式的な式ではなく、本当に暖かみのある式の中送ってもらうことができますね。

今では、このような理由から音楽葬を希望される方も多いのですが、親族によってはなじみのない音楽葬に抵抗を感じる方もいるかもしれません。

親族から音楽葬に対して反対があった場合、希望に合った形で式を行うことは難しくなってしまいます。

自分が亡くなった後、希望に沿う形で音楽葬を行いたいときには、音楽葬を行う旨記しておくとよいですよ。

自筆で音楽葬に関してのお願いを残しておけば、例え親族の方が反対したとしても、自分の意思を通すことができます。

音楽葬で思い出深いお葬式を

お葬式のセレモニーに音楽を用いることを、音楽葬と呼びます。

音楽葬はどのような形でも取り入れやすく、特に信仰している宗教が無い人からも人気を集めています。

音楽葬で用いる曲としては、生前好きだった曲やご家族との思い出が詰まっている曲など、故人にゆかりのある曲を用いることが人気です。

ポップやロックのような曲であっても、音楽葬の雰囲気に合うようにクラシック音楽のようにアレンジをした生演奏をしてもらうスタイルも注目されています。

参列者をあたたかく迎えてくれる音楽は、故人にとっても安らぎであり非常に価値のあるものです。

音楽葬をおこなう際には、事前に葬式社の人と良く話し合っておいたり、音楽葬に対応した式場選びが求められます。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について

 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar