任意売却の基本的な流れについてご紹介します

任意売却の基本的な流れについてご紹介します

任意売却の基本的な流れについてご紹介します。

① 任意売却を取り扱っている不動産業者へ依頼します。 物件調査、希望聴取などを行います。
②任意売却の手続きを始めます。 債権者に不動産業者から販売活動を始める旨を伝えて、債権者に専任媒介契約の写しを送付します。 任意売却の物件を購入したい人から購入の打診があると、買付証明書を買い主より受理し、債権者に売却金額の了解をもらいます。
③売買契約を締結します。 任意売却する家に住んでいる時には、引越し先を見つける必要があります。 債権者と、応諾の『配分表』の作成と全ての抵当権の抹消の協議を行って、残った債務の処理の方法と抵当権を抹消する金額の決定について合意し、差押えの取り下げ、抵当抹消の合意を受けます。
④決済して所有権の移転を行い、引き渡しを行います。 抵当権抹消の合意金額を債権者に支払って、差押等の取り下げ、抵当権の抹消が完了し、所有権を移転するための手続きを行い、残った債務の処理が完了します。


任意売却は滞納2ヶ月目に検討しよう

住宅ローンを組んでマイホームを購入している方がほとんどなのが、最近の住宅事情です。
そんな住宅ローンを返済できなくなってしまうと、債権者である金融機関は困ってしまいます。 お金を借りている側からすると、任意売却や借り換えローンなどの選択肢を色々考えていることでしょうが、債権者はそれほど悠長に待ってはくれません。 金融機関によっては、住宅ローンの滞納が3ヶ月にもなってしまうと、競売の申し立てをするということです。 ということは、お金を借りている側からすると、住宅ローンの滞納が2ヶ月になった時点で、何らかのアクションを起こさなければならないということです。 まずは、金融機関に相談をしてみましょう。
ローンの返済スケジュールなどを再検討してみましょう。 それでもダメなようですと、任意売却を検討する必要性が出てきます。 任意売却であれば、かなりの高値で住宅が売却できることが予想されます。 金融機関からしても、任意売却は決して悪い話ではありません。
任意売却の話を、金融機関にもしてみましょう。


【東京都23区】
任意売却 千代田区/ 任意売却 中央区/ 任意売却 港区/ 任意売却  新宿区/ 任意売却  文京区/ 任意売却 台東区/ 任意売却 墨田区/ 任意売却 江東区/ 任意売却 品川区/ 任意売却 目黒区/ 任意売却 大田区/ 任意売却 世田谷区
任意売却 渋谷区/ 任意売却 中野区/ 任意売却 杉並区/ 任意売却 豊島区/ 任意売却 北区/ 任意売却 荒川区/ 任意売却 板橋区/ 任意売却 練馬区/ 任意売却 足立区/ 任意売却 葛飾区/ 任意売却 江戸川区
【東京都下(町村部)】
任意売却 瑞穂町/ 任意売却 日の出町

Calendar