宗教別、香典袋の表書きの書き方

宗教別、香典袋の表書きの書き方

宗教別、香典袋の表書きの書き方

もともと香典を持参するのは葬儀・告別式のときとされてきましたが、いつしか、故人との間柄によっては通夜だけに参列する人も増え、懇意だった友人や仕事仲間、親族などが通夜、葬儀ともに参列するといった風習に変わったことから、通夜に香典を持参する人も多くなりました。

「香典」とはそもそもどんな意味でしょう。「香を供える」という意味から由来しているといわれますが、貴重な品を提供するという意味に解釈することもできます。昔は葬儀となると近隣の人々に食事の振る舞いをしなければなりませんでしたが出費が大きいことから遺族には負担が増えるため、その負担を地域全体で助け合うために食料を提供しはじめたということが民衆が香典というものを渡すようになったならわしのはじまりだそうです。

明治になると香典は金銭で渡すという風習も広まってきましたが、完全に食料から金銭に移行したのは戦後のことのようです。宗派別の香典袋の表書きの書き方について詳しくお話したいと思います。

まずは仏式ですが、「御霊前」、「御仏前」というのがだいたい一般的なのでよく買ってきた新しい香典袋には書かれた文字がすでに入っていたりしますね。一般的には、「御霊前」は葬儀から四十九日までのときに使い、四十九日後からは「御仏前」を使うとされています。ただし浄土真宗では霊の存在がありませんので「御仏前」が適当となります。

しかしさらにスマートな書き方では、「御香料(ごこうりょう)」「御香資(ごこうし)」「御香奠(ごこうでん)」もあります。「お香をお供えします」という意味であり、これなら浄土真宗でも失礼にあたらないので仏式全般で使えます。神式でも「御霊前」は使えますがほかには「御榊料(おんさかきりょう)」「御神饌料(ごしんせんりょう)」「御神前」「御玉串料」などという書き方もあります。

キリスト教式の場合には「お花料」が一般的です。カトリックにおいては「御ミサ料」でも構いませんがプロテスタントの場合には使わない方が良いでしょう。たまに見かける白百合や十字架が印刷された不祝儀袋はキリスト教用に使われるものです。

ところで、最近増えてきた無宗教式の場合にはどうしたら良いのでしょうか。宗派や宗教にとらわれないわけですから香典袋の表書きも気になりますよね。しかし「御霊前」や「志」「お花料」「御香資」「御香料」で大丈夫なようです。

宗教、宗派によって違いがあるものですが、通夜に参列する際に遺族の宗派まで把握しているとは限りませんよね。というか突然の訃報にそこまで確認していては通夜にも間に合わなくなるかもしれません。それほどこだわらずに自分の家の宗派に沿った形でも良さそうです。

葬儀地域別情報・神奈川県(横浜市)
葬儀 鶴見区 葬儀 神奈川区 葬儀 西区 葬儀 中区 葬儀 南区
葬儀 港南区 葬儀 保土ヶ谷区 葬儀 旭区 葬儀 磯子区 葬儀 金沢区
葬儀 港北区 葬儀 緑区 葬儀 青葉区 葬儀 都筑区 葬儀 栄区
葬儀 泉区 葬儀 瀬谷区 葬儀 戸塚区
葬儀地域別情報・神奈川県(川崎市)
葬儀 川崎区 葬儀 幸区 葬儀 中原区 葬儀 高津区  葬儀 宮前区
葬儀 多摩区 葬儀 麻生区


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar