葬儀屋さんの選び方について

葬儀屋さんの選び方について

複数の葬儀会社を選ぶようにしてください。

親しい人をなくしてしまい、葬儀を挙げることになりますが、葬儀を担当する会社を念入りに調べるための予定を作っておきましょう。

葬儀会社にも露骨にお金を取ろうという態度を見せてしまうところが、残念ながらあります。

そういった会社を選ばないためにも、複数の葬儀会社を選ぶようにしてください。

1つだけ、良い葬儀会社を選ぶことができる方法をご紹介します。

葬儀の相談の際に葬儀担当者がプランをすぐに提示せずに、選択肢を示してくれるところが良いでしょう。

こちらの要望を聞き入れ、要望に合わせたプランを提示してくれるところがベストです。

反対にこちら側の要望を無視して、淡々と葬儀の流れを説明し続けて承諾のみを求めてくるところは避けておいてください。料金のトラブルにつながることもあります。

 

友人の葬儀に行けなかったことを残念に思っています

私が住んでいる地元の地方紙には、毎日県内で亡くなられた方が載る「おくやみ欄」とよばれる誌面があります。
私は法人営業をしていた頃、クライアントや取引先でそのお悔やみ欄に出た人はいないか、毎日チェックをしていました。しかしある日のこと、昔は仲がよく、少し疎遠となってしまった高校時代の友人の名前をそのおくやみ欄で私は偶然にも見つけてしまい、背筋がゾッとしました。
共通の友人たちに電話で確認すると、すでにお通夜や葬儀は終わった後で、葬儀自体はしめやかにひっそりと行なわれたということでした。
私は彼の葬儀に参列できなかったことを非常に残念に思いました。
後日、彼の自宅へ行くと、ご両親が彼の晩年や葬儀のことを涙ながらに語ってくれました。
まさか自分よりも早く息子の葬儀をしなくてはならなかったことが、ご両親も辛かったと言っていました。
私にとってもすごく残念な出来事でした。

 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar