香典袋の書き方、供物・供花の贈り方

香典袋の書き方、供物・供花の贈り方

薄墨の筆ペンを使うのがいいでしょう。

葬儀の際には、香典袋が欠かせません。 最近では、100円ショップでも香典袋が売っており、しかもうれしいことに、すでに「御霊前」と書かれていたりします。 後はここに自分の名前を書けば、葬儀に持って行ける体制は整います。
まず、名前を書く際に使うのは、基本的には筆ペンなどの筆を用います。 どうしても筆ペンがないという場合には、サインペンでも構いませんが、葬儀ではあまりおすすめできません。 筆ペンも、通常の筆ペンではなく、薄墨の筆ペンを使うのがいいでしょう。 なぜ薄墨を使うのかというと、「悲しみの涙で墨もにじんでしまう」という意味合いがあり、葬儀の弔意を表すからです。 ただし、薄墨を使用するのは仏式の葬儀だけであり、神道やキリスト教の葬儀では薄墨を使うことはありませんので、注意してください。
香典袋の裏面には、金額と住所を書く欄があります。 これは後ほど、葬儀の遺族が管理をする際に重要な情報となりますので、ちゃんと記入しておきましょう。


葬儀費用がいくらになるか

ご家族が亡くなり葬儀を執り行う時になったら、 気になることの一つに葬儀費用がいくらかかるかではないでしょうか。
葬儀費用については地域によっても相場が違うので一概には言えませんが、全国平均で約240万円弱が相場と言われています。 葬儀一式費用のほかにも僧侶へのお布施、飲食費、香典返し、式場の使用料、 霊柩車の運転手・火葬場の係り員への心づけや、葬儀へ参列される親類への宿泊費・飲食費など様々な費用が掛かります。 このうち葬儀会社に支払う費用は130~180万円ほどが必要です。 葬儀の形式にもいろいろあり、最近では葬儀費用を抑えたいと家族葬を選ばれるご遺族の方も増えています。 今までのような多くの方が参列する葬儀の形式でも、事前に葬儀会社にご相談しておくと費用が安くなることがあります。
まだご病気と闘っている生前に葬儀の事を相談するのでは、という方も多いでしょうが、 信頼してお任せできる葬儀会社を慌てることなく探すことができますし、精神的、体力的にも負担が和らぎます。

地域別葬儀情報・東京都下(市部)
葬儀 八王子市  葬儀 立川市  葬儀 武蔵野市 葬儀 三鷹市 葬儀 青梅市
葬儀 府中市 葬儀 昭島市 葬儀 調布市 葬儀 町田市 葬儀 小金井市
葬儀 小平市 葬儀 日野市/ 葬儀 東村山市 葬儀 国分寺市 葬儀 国立市
葬儀 福生市 葬儀 狛江市 葬儀 東大和市 葬儀 清瀬市 葬儀 東久留米市
葬儀 武蔵村山市  葬儀 多摩市 葬儀 稲城市 葬儀 羽村市 葬儀 あきる野市
葬儀 西東京市 葬儀 瑞穂町 葬儀 日の出町 葬儀 檜原村 葬儀 奥多摩町

 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar