葬儀に供物を贈る際に

葬儀に供物を贈る際に

供物は通夜に備えるためのものであれば当日の午前中に…

葬儀に際して、供物や供花を送るときにもいくつか注意することがあります。

供物は通夜に備えるためのものであれば当日の午前中に、葬儀ならば前日のうちに自宅もしくは会場に届けるようにします。葬儀や通夜に出席する本人が、不祝儀の包装紙にかけ紙をかけ持参するのですが、持参できない場合は葬儀社や業者に電話で注文して配達してもらいます。供物や供花を送ったら香典を用意する必要はありませんが、親族や親しい関係であれば香典も渡すのが一般的になってきました。

最近では、遺族が葬儀・法要ともに供物、供花を断ることも多くなってきています。その際に「供物、供花は辞退」であれば香典は受け付け、「ご厚志はお断り」とあれば、香典も含めて辞退していると考えて差し支えないでしょう。

 

葬儀費用の平均とは?~葬儀の見積もりを出してもらおう~

がん治療や長い闘病生活で、多額の医療費の支払いをしてしまうと葬儀費用まで手が回らないという話を聞くことがありますが、この場合どうしたらよいのでしょうか?
最近では葬儀も様変わりしており、葬儀の形式も様変わりしています。家族のことを考えて、身内だけで行われる家族葬や密葬を選択される方が増えています。

家族葬の場合なら会葬者の人数にもよりますが、平均80~140万ほどで葬儀ができますが、1日葬なら通夜か告別式のみしか行わないので費用は60万ほど、直葬なら湯灌や読経のみの簡素なものですが、火葬のみですので17万前後です。
上記のような葬儀形式もできそうにないという方には、国民健康保険の葬祭費を1~7万前後受給できますので、居住区の市町村の窓口へ相談してみてください。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar