葬儀に出席できなかった際の気遣い

葬儀に出席できなかった際の気遣い

喪家の都合のよい日時を問い合わせてから伺うようにします

友人や知人の死の知らせを受けても通夜、葬儀・告別式に出席できなかったり、通夜・葬儀・告別式が終わってから死亡したことを知る場合もあります。

このような場合、できるだけ間をあけずに、通夜・告別式の後で喪家に遺骨が安置されているうちに弔問するようにします。しかしいきなり訪ねるというのは非礼ですので、電話を入れて出席できなかったことを詫び、喪家の都合のよい日時を問い合わせてから伺うようにします。

通夜、葬儀・告別式に代理人を立てて香典や供物を渡してある場合には別として、喪家を訪れる際には香典などを持参するようにします。葬儀・告別式から時間がかなり経っている場合、すでに遺骨は納骨されていることが多くなっています。その際は墓参に向かいますが、直接墓所に行くのではなく、まず喪家を訪れて喪家に弔意を示してから向かいます。

葬儀として火葬のみを行った場合のマナー

葬儀として火葬のみを行うという方が多くなりました。葬儀の簡略化という考え方が進んできているわけです。

また、個人様本人の意向で葬儀を簡略化してほしいという場合もあるほどです。
その葬儀として火葬のみを行った場合ですが、実はマナーを守る必要があります。直送では火葬を行うわけですが、主につき添いはご家族のみとなります。

付き添いについてご家族のみになりますので、親戚の方や個人の友人の方は葬儀に参列できないという事になります。
何も知らされずに葬儀が行われたと知って気分を害される方もいます。
ですので、しっかりと葬儀を行わない旨の連絡を事前に行う必要があります。

また、のちにお手紙でも重ねてその事をお知らせしましょう。そうすることで親族間のトラブルなどを防げるケースもあります。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar