自宅で葬儀を行う場合の注意

自宅で葬儀を行う場合の注意

自宅で葬儀を行うには、それなりのスペースが必要です

今は、葬式をあげる際、セレモニーホールを使用する場合が多いですが、故人の希望で、自宅で葬儀をする際の注意を少し。

自宅で葬儀を行うには、それなりのスペースが必要です。葬儀にはたくさん人が来られますし、何よりたくさんの物を置かねばなりません。きちんと考えておかないと、参列された親戚筋の方でさえ、座れず立ち見、という状況になります。夏場なら、暑い中、黒い服を着て、庭で葬儀が終わるのを待たなければならないということにも。

そして、セレモニーホールで行う場合は、スタッフの方がすべてしてくれるので問題ないですが、自宅ではすべて家族が仕切らねばなりません。色々な方が来られますので、対応できるように用意をしておいた方がいいでしょう。焼き場から帰ってきた際に、塩をかけるだけでなく、塩水で手を洗う方もいたりします。
ですので、参列者の人数や部屋の大きさなど、十分考慮した上で、自宅での葬儀をされた方がいいでしょう。

葬儀費用には精進落しの費用も考えておきましょう

葬儀費用は大きな出費になる事もあります。葬儀費用が安いということはまずありませんので、その点は把握しておかなければいけません。
その葬儀費用ですが、精進落しについても考えておく必要があります。

精進落しですが、法要での会食の事です。食事費用となりますが、思った以上の費用になることも考えられます。

食事をするところで行うのでしたら、飲食代だけで済みます。しかし、会場を借りて精進落しを行った場合には葬儀費用として会場代金も入りますので、注意をしなければいけません。

思った以上の費用がかかることも考えられますので、その点は注意しておきましょう。
会場を借りて行う場合には、会場の費用についても前もって確認しましょう。葬儀費用を出す時にその会場代金の見積もりも出していただくべきです。

 

 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar